メール相手との距離の詰め方2

メール相手との距離の詰め方①では、出会い系サイトでのメールのやり取りの中で、相手と距離を詰める際の「早すぎるタイミング」例を挙げました。ここでは、相手と距離を縮め、出会いに持ち込むための絶妙なタイミング例を書きます。ぜひ参考にしてください。

メールで適度なタイミング1

会話を熟成させてから

即日セフレ希望さんとかならともかく、通常出会いを探している女性には「熟成期間」が必要です。お互いの自己紹介や希望内容などの確認は勿論、くだらない日常会話なども気兼ねなく楽しめるようになるまでたっぷりと心通わせてください。ろくすっぽ会話もしないままいざ会いましょうとなっても、ヨソヨソしさしか残らず楽しめなかった、というパターンが非常に多いです。
相手がこちらに対して警戒心が薄れてきたと感じるくらいが誘いどころです。

メールで適度なタイミング2

相手から具体的なキーワードが出たら

例えば相手の方から「この映画観てみたいんですよね」とか「今度○○に新しくお店がオープンするようです」など、対象や目的が具体化されたキーワードが出てきたら、いよいよ押し目です。これらは8割り方女性からの「誘って」サイン。ここまで来れたら話しを合わせつつさりげなく誘ってみて下さい。
間違っても「へー」で終わったり「行きたいんですか?」など意地悪な返答はしないように!ここで返しに失敗し女性に恥をかかせてしまうと、もうサインは出なくなってしまうかもしれませんので…。ある種難易度の高いタイミングとも言えます。

メールで適度なタイミング3

一度目の約束を断られてから

え?と思う人もいると思いますが、最近出会い系サイトを使う女性の間で「一回目はわざと約束を破る」という動きが見られます。どういう事かと言いますと、出会い系サイトで男性と会うということには女性なら少なからず抵抗があるもの。メールではどれだけ優しいフリをしていても、会うまでどんな人か分からないし、会ってから怖い目に遭っても遅い。
なのであえて最初の約束は直前になってキャンセルし、その時の男性の反応を見ようと言うのです。女性とは恐ろしいですね~。これで男性側がブチギレようものなら「あ、この人はこういう人なんだ」と烙印を押され、有無を言わさず出会い候補から外されてしまうのです。
しかし逆にここで女性を許せば、「この人は信用できるかも」と女性側に認めさせることができます。出会い系サイトの女性全員が全員この作戦を仕掛けてきているわけではありませんが、このトラップを逆手に取り、計算高な女性の裏をかいて紳士的な態度を見せることが出来れば、出会いへの確率は格段に上がります。

完全無料の出会い系サイト使ってない?

出会い系で確実に出会う為のコンテンツ