出会い系サイト規制法と援助交際

出会い系サイト規制法とは、簡単に言いますと児童買春等犯罪被害から児童を守ることを目的とした法です。

児童とは、18歳未満の少年少女のことです。

基本的に出会い系サイトには18歳未満の男女は登録を禁止されています。しかし、ネット上のことですから年齢を偽って児童が入会しているケースもあります。

出会い系サイト規制法では、児童の出会い系サイトの利用の禁止、出会い系サイトの掲示板に書き込みをして、援助交際だけでなく性交の相手を求める行為も禁止しています。この法律は、どちらが誘った有無に関わらず大人も児童も処罰の対象になります。

「出会い系だし簡単にはバレないだろう」は甘い!

出会い系サイトとは匿名同士の出会いの場であるし、一度や二度援助交際をしただけでは簡単にはバレないだろうと思っていませんか?

援助交際をする児童は常習犯が多く、一人補導されれば過去に関係のあった男性、一緒に援助交際をビジネスとしていた友人らが逮捕されるケースもあります。

時々報道される「出会い系サイトで援助交際。逮捕」のようなニュースを見たことはないだろうか?最近はとても多く報道されているような気がしませんか?それは警察も本気で行動しているということです。

こういう男性の多くは若くて可愛くてお金を払えばエッチ出来て・・・・という甘い現実に陶酔し、痛い目に遭ってしまった人たちです。簡単にはバレない?そんなことは絶対にありません!

出会い系サイトで使われる援助交際の略称

最近の出会い系サイトでは「援助」という言葉を書くと自動的に退会させられたりと、出会い系サイト規制法に則った対策が取られているケースも多いです。

しかし援助交際を目的とした男女は、それを回避するために「サポ」や、「援」「縁」「円」「\」等、略称を駆使して書いていたりします。気をつけましょう。

出会い系サイトで犯罪者にならないための対策

  1. 援助交際をしようなどと思わないこと。
  2. 金銭関係の話を持ちかけてきたらその地点で切る。
  3. 「お金がない」「助けて欲しい」同情しないように。
  4. 会った時に相手が見るからに若そうだったら年齢を確認できるものを提示してもらう。
  5. 相手が18歳未満だと判明したら、すぐに連絡を切る。

とにかくお金で何とかしようと思わないことが大切です。

2009年 出会い系サイト規制法で新しい規制が出来ました

主に援助交際防止のための出会い系サイト規制法が改定されました。詳しくは下記のページをご参照ください。⇒2009年出会い系サイトで会いやすくなる!?

完全無料の出会い系サイト使ってない?

出会い系で確実に出会う為のコンテンツ


Copyright(c) 2018 本当に出会える出会い系サイト評価ランキング 恋愛メール. All Rights Reserved.